トラネキサム酸の美白効果

トラネキサム酸とは、アミノ酸の一種で、止血剤や抗炎症剤として有名です。シミや色素沈着や肝斑を改善するための効果が医薬品として認知された成分です。本来は止血をするために開発された成分です。安全性も高く各種の出血に広く用いられており医療現場で多く使われています。ここで、トラネキサム酸の美白効果について説明します。

シミの原因は紫外線を浴びると生成されるメラニンにあります。メラニンはメラノサイトという肌細胞によって生成されますが、トラネキサム酸にはメラノサイトの活性化をおさえる働きがあります。

また、メラニンの生成にはプロスタグランジンという成分も大きく関わるのですが、トラネキサム酸にはプロスタグランジンを抑制する効果もあるため、シミ予防に効果的です。

さらにトラネキサム酸は、肌荒れの原因物質となるプラスミンの働きを阻害する効果もあるため、美白だけでなく肌荒れ予防や、蕁麻疹の治療などにも使用されます。

シミや肝斑に対する効果で注目されているトランサミンですが、効果を発揮するのはシミだけではありません。

トランサミンが抑制するプラスミンは、肌荒れの原因物質でもあります。肌荒れとは一般的にプラスミンが過剰に働いている状態のことであるため、トランサミンを服用することで肌の炎症を抑えることができます。

また、肌の炎症を抑えるため、蕁麻疹(じんましん)などの治療にも効果があります。