トラネキサム酸錠の活用を知っていますか?

トラネキサム酸錠とは
トラネキサム酸錠とは、抗プラスミン剤のジェネリック医薬品で、止血や皮膚疾患や炎症を抑える効果があります。トラネキサム酸はもともと出血を止める効能を持つために、手術中・術後の異常出血の改善によく用いられています。1979年でトラネキサム酸はシミに対する改善効果が発見されていました。

トラネキサム酸錠の効果の活用
トラネキサム酸は血液を溶かす物質(プラスミン)の働きを抑制する作用によって長時期に医療現場で医薬品の成分として使われています。美容の面に注目した時にどのような効果を得ることが出来るのでしょうか。さまざまな作用を持つ成分ですから、正しい知識でうまく活用したいです。

トラネキサム酸錠は止血作用として白血病、再生不良性貧血による出血や手術中・術後の異常出血などに効果的です。他には、トラネキサム酸錠は湿疹・じん麻疹・薬疹・中毒疹などの皮膚疾患や、扁桃炎・咽喉頭炎、口内炎などに伴う各種症状に効果があります。

最近、トラネキサム酸はメラノサイトから発信されるシミを発生させる「プロスタグランジン」という物質が周りの細胞に伝わるのをブロックすることで、肌細胞にメラニンを作り出す指示を与えないようにはたらきますから、シミや色素沈着や肝斑を改善する医薬品として認められています。