トラネキサム酸の豆知識

トラネキサム酸とは、人工的に合成して作られたアミノ酸の一つであり、元となったのは必須アミノ酸リジンというたんぱく質を構成する成分です。シミや色素沈着や肝斑を改善するための効果が医薬品として認知された成分です。本来は止血をするために開発された成分です。安全性も高く各種の出血に広く用いられており医療現場で多く使われています。

トラネキサム酸の効果トラネキサム酸
1、トラネキサム酸は、粘膜の炎症を抑えてくれる作用がとても強いので、鼻の奥や喉の上部が細菌にやられて赤く腫れているような場合に、速やかに炎症を抑えてくれます。
2、肌の中にはシミのもとのメラニンを作り出すメラノサイトという細胞がありますが、メラノサイトからの発信によってその周りにある肌の細胞がメラニンを作り出す仕組みになっています。トラネキサム酸は、メラノサイトから発信されるシミを発生させる「プロスタグランジン」という物質が周りの細胞に伝わるのをブロックすることで、肌細胞にメラニンを作り出す指示を与えないようにはたらきます。このことであらたにメラニンが作り出されなくなり、シミを抑制する効果があります。さらにはニキビ跡などの頑固なシミの改善にも「予防・効果」があります。
3、トラネキサム酸は肝班により効果があるとされています。肝班とは主に目の下の頬に出来るシミで左右対称に大きく出来てしまう事がほとんどです。改善方法があまりなく肝班で悩む人は多くいました。
4、本来皮膚炎の抑制効果があり、口内炎の治療にもトラネキサム酸が作用することがわかっています。肌に発疹が出来たり赤味やかゆみがある時にも炎症を抑える効果が期待出来ます。
プラスミンがアレルギーを起こす反応を抑えることが出来るので、アレルギー症状も抑制する効果があります。

トラネキサム酸の副作用
トラネキサム酸は本来止血剤として使用されていたものなので血が固まりやすく血栓ができやすいという事があります。内服した場合には副作用が見られることもありますので、注意が必要です。

基本的には副作用の少ない成分とされていますが、食欲不振や下痢、または嘔吐といった症状が出ることがありますので、必ず医師と相談してから使うようにしましょう。妊娠・授乳中の方も同様に、医師と薬剤師にその旨を伝えてください。
また脳梗塞や心筋梗塞血栓性静脈などの病気を引き起こしてしまう場合があります。本来病歴のある人や腎不全の人などは医師に相談しましょう。その他に高齢の方長期にわたる服用重複しての服用も避けるようにしたほうがいいでしょう。

健康関連情報オススメ:バイアグラレビトラシアリス効果徹底比较|ED治療薬解説するWiki

レビトラ

シアリス

バイアグラ